特定相談支援とは

障がい者をお持ちの方へのケアマネージメント

梅の木の指定特定相談支援は、障がいをお持ちの方が自立した日常生活及び社会生活を送れるように、ご本人やご家族及び関係者と一緒になって、そのプラン作りを支援していく障がい者のケアマネージメントサービスです。

こんな方がご相談できます!

障がいをお持ちの児童から成人のご本人。そのご家族とその関係の方が対象です。

具体的には?

相談者と梅の木、ケアサービスとの関係を描いた図

障がい者(児)の方をサポートするケアサービスは数多くあります。それらの中からご本人に合ったサービスの利用をご家族関係者も含め一緒になって考えていきます。

ご相談を重ねていくことで「サービス計画書」「障害児支援計画」などのプランを作成、それに基づき実際のサービス利用となります。

長期にわたるサポート

サービス利用開始後も継続してご本人や関係者の抱える課題の解決やケアマネジメントを行っていき、より自分らしい生活を送れるようにサポートしていきます。